エアコン定期点検が義務化されました

2015年4月より、フロン法(フロン排出抑制法)の改正により、点検の義務化がされました。

フロン類が充填された業務用エアコン(業務用冷凍空調機器:第一種特定製品)の管理者(ユーザー様)が対象です。

 

業務用エアコン管理者様に対しては、以下の場合に罰則が科せれます。

 

  • フロンをみだりに放出した場合、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金。
  • 「機器の点検」、「漏えい対処」、「記録の保管」の「判断基準」に違反した場合、50万円以下の罰金。
  • 国から求められた「管理の適正化の実施状況報告」の未報告、虚偽報告は20万円以下の罰金。
  • 都道府県の立ち入り検査の収去の拒否、妨げ、忌避した場合は20万円以下の罰金。
  • 算定の漏えい量の未報告、虚偽報告をした場合は10万円以下の過料。

 

 

業務用エアコン管理者様が取り組む事として

機器の点検

簡易定期点検:全ての第一種特定製品。

定期点検:第一種特定製品のうち、一定規模以上の業務用機器。

 

漏えいの対処

フロン類の漏えいが見つかった際、修理をしないでフロン類を充填する事は原則禁止。

適切な専門業者に修理、フロン類の重点を依頼しなければなりません。

 

記録の保管

機器の点検・修理・冷媒の充填・回収の履歴は、当該製品を設置した時から廃棄

するまで保存しなければなりません。

 

算定漏えい量の報告

使用時漏えい量が「1,000CO2-ton」以上漏えいした事業者(法人単位)は、所管

大臣に報告義務があります。

※1,000CO2-tonはR22・R410A冷媒約500kg、R32冷媒約1,500kgに相当。

 

●点検に関する詳細はこちらからご確認下さい。ダウンロード

 

フロン問題はまだ解決していません

2009年3月、経済産業省発表の機器別のフロンの使用時排出調査によると、業務用冷凍空調機器では、年間、充填量比2~17%のフロンが漏えいにより大気へ排出されています。

二酸化炭素(CO2)の数百?4千倍以上の温室効果をもたらす代替フロンの使用時漏えいが今、大きな問題となっています。

2020年には、CO2換算で約4,000万トンのHFC(冷媒フロンの1つ)が、冷凍空調機器から排出される恐れがあります。

仮に、家庭用エアコン1台に使用しているフロンが全量大気に排出された場合のCO2換算値は、Lサイズのレジ袋約14万枚を製造する時に発生するCO2に相当します。