LAN・TV配線



 



 

住宅情報化配線


パソコンやインターネットを利用するマルチメディア時代。
電話やパソコン、FAXを使う部屋はどこか、通信系コンセントはどの部屋に取り付けたらいいか、地上波放送、BS、デジタルCSをどの部屋で見るのか、それぞれのライフスタイルによっても違いますし、将来使う部屋が変わったり増えたりする可能性もでてきます。
新居を建てる前に、先行配線についての最低限の基礎知識と計画を立てておく必要があります。家族のライフスタイルに合ったプランを作りましょう。

 

住宅情報化配線とは

住宅情報化配線は、情報の進化に対応できる配線方式です。
情報分電盤(マルチメディアボックス)を設置し、宅外から受けた映像、通信信号を各部屋に分配するとともに、各部屋に電力、映像、通信が一体となった情報用コンセント(マルチメディアコンセント)を先行配線し設置するものです。
情報分電盤に通信用機器や放送用機器を組み込み、スペースを設けておくと情報用機器の更新がしやすく、管理も便利です。
また、このような情報系の配線をまとめた情報分電盤も家電各社から販売されています。

 

住宅情報化配線の必要性

ますます進化するインターネットのブロードバンド化、放送の多様化・デジタル化などの変化に対応するために、住宅の設計段階から通信系および映像系の先行配線を考慮しておくことが大切です。
インターネット関する機器類の技術の進歩はめざましく、次々と新しい機器類が出現してきます。
しかし、情報分電盤、情報コンセント、情報用配管が設備されていれば、機器類の更改、情報用配線の張替えなどが容易にできることが考えられます。
また、パソコンやテレビが増えた時、置く場所が変わった時など様々な状況に対応でき、配線をやり直す事もありません。
今は必要ないけれど、将来的には導入する予定があるのであれば、追加工事でのコストの面や仕上がりを考えると設置しておいた方が良いでしょう。

  • 露出配線でなく壁内配線
  • 各部屋でテレビが見られる
  • 各部屋でインターネット接続
  • 家庭内で簡単ネットワーク

 

 

 

 

 

 

 

無線LANについて

壁の中に配線することが難しい既築住宅などで、無線LAN機器の普及が進んでいます。
機器類も数多く市販されており、家庭内LANも容易に行えるようになりました。
しかし、無線LANは盗聴の可能性があることや遮蔽物の影響を受け、常に安定的で安全な通信ができるとは限りません。
そういったことからも、、新築住宅には、安定的な通信を確保や将来の拡張性などを考慮し、住宅情報化配線をおすすめします。

太陽光発電

発電量はどれくらい?

 クリーンで、無尽蔵な太陽光発電というイメージがありましたが、意外にもいくつかの落とし穴があることが分かりました。
まずは、コストが高いということ。
そして、雨の日や雪の日は、非常に発電量が少ないということ。
そして、夜は太陽光エネルギーを使うことができないということです。

 

 では、太陽光発電を導入して、毎日の生活のなかで使う電気は、どれくらい太陽光エネルギーでまかなえるのでしょうか?
そして、どれくらいを、従来のように電力会社から買わなくてはいけないのでしょうか?
太陽光発電による発電量がどれくらいになるかは、一概に言うことはできませんが、確実にいえることは、太陽電池の出力は日射量に実によく比例しているということです。
つまり日差しがあればあるほど、多く発電します。さらに厳密に言うと、太陽の光が太陽電池に垂直に降り注ぐ時が、最大日射量となります。

 

 これはよく考えてみると、太陽は刻々と動いていきますから、太陽光パネルに垂直に光が注ぐ時間というのは、そう長くはないと言うことでもあります。
要するに、年間を通じてもっとも日射のある角度と方位に、太陽光パネルを設置することになるのですが、太陽の出ている間は、朝でも昼でも夕方でも、おなじ量の発電量があるかというと、そういうことではないのです。
さて、一番気になることは、何ワット発電するのか、ということよりも、何円分の電気を発電することができるのか、ではないでしょうか?
しかしこれも、結局、太陽光パネルを何枚、どの角度で設置するのかに、大きく左右されます。

 

 

 太陽光パネルを製造販売しているメーカーでは、太陽光による発電量のシミュレーションや、発電量予測ができるwebサイトを作っています。
これは、住んでいる地域や、毎月の電力量を記入して計算するタイプのものです。
また、各地域ごとに、発電量を料金換算するといくらになるのかという予測計算ができるwebサイトもあります。
どれも無料で簡単にできるので、ご自分で試してみてください。

 

太陽光のメリット

最大のメリットはなんといっても自宅で電気を作ることができることです。電力需要時間の電力削減に効果があり、エコにも大きな貢献をします。また、余った分の電力は電力会社に売ることができます。蓄電式のものであれば蓄電も可能です。

  • 電気料金の支出を大幅にカットできる
  • 電力需要時間の電力削減に効果がある
  • 余った電力は電力会社に売ることができる
  • 温室効果ガス(二酸化炭素)を排出しない
  • 煩わしいメンテナンスなどはほとんど必要ない
  • 国や地方自治体から補助金をもらうことができる
  • 停電など万が一の時にも電気を使うことができる
  • 使用されている部品や機器などのリサイクルが可能
  • 石油燃料を使わないため有害な廃棄物などが発生しない
  • 設置導入に必要な条件が少なく、設置可能な面積・場所が多い
  • 補助金対象になるための条件として、メーカーの補償(各メーカーにより異なる)が付いている
  • オプションとして、自然災害時の補償・停電時の補償・補償期間の延長など充実したサービスがある
  • 停電や電気代の高騰が無くても、今後、原子力・火力(CO2)に頼らないエコエネルギーが市場価値が高まる

 

太陽光のデメリット

色々と大きなメリットが多いのですが、もちろんデメリットが全くないという訳ではありません。最大のデメリットは設置導入にかかる費用です。小規模のものでも数十万円、一般的な規模のものになると百万円〜数百万円の費用が必要となります。

  • ソーラーパネルそのものの価格が高い
  • 設置導入にかかるコストが高い
  • 屋根に負荷(重さ)がかかる
  • 太陽が出ていない夜間の発電は不可能
  • 天候によって発電できる電力量に大きな差が出る
  • 蓄電池がついていない場合、蓄電することはできない
  • 申し込みから実際に設置されるまである程度時間がかかる
  • 商品によっては一戸建て・持ち家でないと設置導入できない
  • 発電していない夜間、雨・曇りの日は通常の電気代がかかる
  • 100%の投資回収を保証していない。100%の回収を見込む場合、最短でも10年期間は運用する必要がある